デジタルカメラ・カメラに関する情報を集めます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルカメラ


デジタルカメラとは、デジタル媒体を使用するカメラ。フイルムの代わりに固体撮像素子(イメージセンサー)とメモリーカードなどの記録媒体を使用、カメラ内部の画像処理プロセッサで撮影した写真を処理し、デジタル画像データとして記録する。詳細は同項を参照。 携帯電話・PHS端末に機能の一つとして付属している場合もある。
上記の様なファインダーを持つものも有るが、多くは撮像素子から得られるデータを内蔵した液晶モニター等に表示する機能を持っている。コンパクトデジタルカメラの場合は液晶画面上に撮影中のデータを表示可能で、ファインダーの代わりとして使用可能(小ささを追求した機種では光学ファインダーを無くし、完全に液晶画面がファインダーとして使われている)だが、デジタル一眼レフカメラの場合は、特殊な機構を搭載した一部の機種を除き、基本的にその構造上撮影中のデータを液晶画面上に表示できない。 なお、デジタルカメラと区別する為に、これまでのフィルムを使用したカメラは、便宜上フィルムカメラや銀塩カメラと呼ばれる。(デジタルの対義語である「アナログカメラ」という呼称はあまり使われない)
スポンサーサイト
Copyright © カメラ辞典 カメラを学ぼう! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。